クラミジアには効果のあるクラビット治療薬

Bookmark this on Yahoo Bookmark
Share on GREE
Pocket

クラビットという薬の名称を聞いたことがあるでしょうか。

これは抗生物質の名前で、淋病やクラミジアなどの性感染症に対して使われる薬になります。

クラミジアに感染して、クラビットを使うという前に、クラミジアという病気と、その薬の特徴を知っておきましょう。

クラミジアの特徴

クラミジアとは、日本でも非常に感染者の数が多いと言われている病気になります。
その理由の一つとして、クラミジア自体の感染能力が非常に高く、性行為によって五割以上の確率で感染するといわれています。
感染経路は粘膜同士の接触であり、男性の場合は尿道の粘膜、女性の場合には子宮頸部の粘膜に接触することで感染がおこります。
また、感染は性器の粘膜だけではなく、喉の粘膜への接触でも起こることになります。
つまり、避妊具を使わない性行為だけではなく、オーラルセックスによっても感染する可能性が高いということです。

クラミジアの感染経路

女性の場合、喉へのクラミジアの感染の可能性も高くなります。
その理由としては、男性が女性にクンニリングスをした場合でも、喉へクラミジアが感染する可能性が低いといわれているからです。
逆に、男性の尿道から女性の喉への感染率は高く、特に性風俗店に勤めている女性の場合には、この喉への感染が疑われます。
さらに性風俗店の女性は多数のお客さんにオーラルセックスをするので、感染した女性がまた別の男性に感染させる、というような拡散も考えられます。

クラミジアの自覚症状

クラミジアという病気は、感染をしてから発症するまでは数週間という期間の潜伏があるといわれています。
しかし、もし発症をしたとしても、自分がクラミジアであると自覚できるほどに症状が起こることは稀なのです。
特に女性の場合には自覚症状が乏しく、へたをすれば何年もの間自分がクラミジアであると気づかないままに過ごしてしまっているかもしれません。

簡単に治療できる

クラミジアという病気の細菌は、人間の細胞の中でしか生きることができないほどに生命力が弱いものです。
そのため、抗生物質の投与によって、その繁殖を止めてしまいさえすれば、簡単に治療を行なうことができるようになります。
ただ、クラミジアの場合には自分が病気であるということを自覚するまでに時間がかかる場合があるので、そこで症状を放置してしまう危険性もあります。
クラミジア自体の症状はあまり重いものではないとしても、そのまま病気を放置してしまうことによって、男性も女性もさらに重たい病気につながってしまうことも考えられます。

治療を行うためにも、まずは自分が病気であることを知って抗生剤の使用を開始することです。

クラミジアと淋病

性感染症としては有名なクラミジアですが、もう一つ淋病という病気があります。
そして、この淋病とクラミジアという二つの病気は、実は併発することが多いと言われているのです。
クラミジアに感染した人の中で、実に40%ほどの人が淋病にも合わせて発症する可能性が高いのです。
淋病の場合には症状が重いため、この症状を放置してしまうとかなり危険な状態になります。

クラビットならどちらにも対策できる

実はクラビットという薬は、クラミジア単体に効果があるものではありません。
クラビットを使うことで、淋病単体にも効果がありますし、それが併発している場合にも効果を得ることができます。
なので、とにかく自分が病気であることを自覚するのが第一歩になります。
それから薬を使った治療をすることで、どちらも早期に対策をすることができますし、治療も早めることができます。
クラミジアの場合には一度完治をすれば再発はないと言われているほどなので、それだけ早く対策することが求められます。

発症後の対策

もし自分がクラミジアに感染して、薬によって治療をすることができたとしても、今後の対策が必要になります。
クラミジアは自覚症状がないため、いつ頃から感染したのかをはっきりと知ることが難しい病気でもあります。
そのため、自分がどれだけ気づいていても、相手がまったく気づいていないということもあるほどです。
もしクラミジアを完治することができても、パートナーがまだクラミジアを持ったままの状態であれば、何度でも感染することになってしまいます。
自分だけではなく、パートナーも同時に治療をすることが当然求められます。

クラミジアは人から人のみ

クラミジアという細菌は、ほぼ間違いなく人間からの感染しかありえません。
人間の細胞を離れては生きていくことができないほどの細菌なので、必ず人間との性行為によって感染したと考えられます。
パートナーが本来はクラミジアを持っていなかったはずなのに、どこからかもらってくるということも考えられます。
その場合は、パートナーが嘘をついている可能性が高いといえるでしょう。

早期発見すれば問題なし

なかなか自分で気づくことの難しい病気ですが、もし心当たりがあれば、早めに診断を受けて治療を開始しましょう。

Bookmark this on Yahoo Bookmark
Share on GREE
Pocket