クラビット投与で素早く治療する

Bookmark this on Yahoo Bookmark
Share on GREE
Pocket

クラビットはクラミジアの治療薬として使われるものですが、そもそもどうしてクラミジアという病気が発生することになるのでしょうか。

日本では最も感染数が多いといわれている病気だけに、そこにも理由がありそうですね。

自分が病気であるかどうかを判断するためには、どこからか病気をもらうようなことがあったかと考える必要があります。

クラミジアの発症原因

この病気が起こってしまうことの理由は、クラミジア・トラコマティスという細菌が関わっていることにあります。
この細菌が、相手の粘膜に触れることによって、感染してしまうことになります。
男性の場合には尿道の粘膜、女性の場合には子宮頸部の粘膜に触れることで感染がおこります。
またこの細菌自体の感染力が非常に強く、性行為によって50%以上の確率で感染するとまでいわれています。
もし相手がクラミジアを持っているということがのちにわかったら、自分も感染しているという可能性は十分に考えるべきかと思います。

クラミジアの生命力

非常に感染力が高いクラミジアという病気ですが、その生命力までも強いというわけではありません。
実は、クラミジアという細菌自体は、非常に生命力が弱く、人間の細胞の中でしか生きることができないのです。
つまり、人間から離れることになると、その時点ですぐに死んでしまうほどの生命力なのです。
そのため、人間以外の経路から、例えばトイレやお風呂といった場所から細菌に感染したということはあまり考えられません。

非常にありふれた病気

クラミジアは誰にでも感染する可能性が高いので、非常にありふれた病気ということがいえます。
国内でもその感染者の数は非常に多く、性感染症の中でもトップクラスといわれるほどです。
若い女性の場合には特に感染者数が多く、10代後半から20代前半の女性の場合、10人から20人に一人の割合でこの病気に感染しているといわれています。
あまり珍しい病気ではないうえ、治療薬を投与することによって比較的早期に治療をすることができるため、感染しても絶望することはありません。
クラミジアは潜伏期間が非常に短く、感染から数週間くらいで自覚症状が出ることがあるので、そのタイミングで自分が病気であることを自覚し、医師の診察を受けるかがポイントになります。

薬でしっかりと完治

クラミジアの細菌は生命力があまり高くないので、その繁殖を薬で防ぐことができれば、確実に治療をすることができます。

Bookmark this on Yahoo Bookmark
Share on GREE
Pocket