二つの病気の性質を知る

Bookmark this on Yahoo Bookmark
Share on GREE
Pocket

クラミジアはクラビットのなどの抗生物質を使った治療によって簡単に完治することができるといわれています。

しかし、それに対して自覚症状が乏しいため、なかなか自分でクラミジアという病気であるということに気づけないのが問題でもあります。

早い段階で自分が病気であることに気づき、治療を始めることが一番の方法なのですが、そうもいかないようです。

さらに、クラミジアという病気は淋病と併発する可能性が高いため、そこでもこのクラビットが重宝されることになります。

淋病という病気

実は、クラミジアと淋病が併発する可能性については、実に40%ほどといわれています。
かなり高い可能性で、この二つの病気が併発してしまうということですね。
クラミジアも、症状を放置しているとかなり大きな症状につながってしまうことがありますから、早期に発見することが重要です。
この二つの病気が合併した状態で、さらに症状を放置すると、本来は簡単に治療できたはずなのに、治療が長引くことにもなりかねません。
素早く医師の診察を受けて、クラビットなど抗生物質の投与によって治療を行いましょう。

どちらにも効果がある

実際に、この淋病とクラミジアの併発の可能性が高いということが判明していたため、どちらの単体の症状にも効果のある治療薬が求められていました。
この薬は、抗生物質としてクラミジアにも淋病にも効果があることがわかっていたので、この薬が処方されることが多くなっていたのです。
つまり、もしクラミジアと淋病が併発していたとしても、この薬を使っていることで、どちらにも対処することができるというわけです。

併発している場合の治療

一般的には、クラミジアと淋病が併発している場合には、まずは淋病の治療を優先することが多いようです。
淋病のほうが、症状の進行が速いため、症状を見つけたらすぐにでも抗生物質の投与による治療が必要になります。
逆に、クラミジアの場合には検査の結果が出るまでに時間がかかることもあり、さらに淋病に比べると進行も早くはないので、あまり急ぐ必要はないといいます。
もし二つの病気が併発していることがわかっても、焦らず一つずつ対処していくことが大切になりそうです。

通い続けて完治する

もし症状が感じられなくなっても、完治したと診断されるまでは病院に通うようにしましょう。
自分の判断で通院をやめ、また再発してしまったら目も当てられません。

Bookmark this on Yahoo Bookmark
Share on GREE
Pocket