性行為で感染力が非常に高い

Bookmark this on Yahoo Bookmark
Share on GREE
Pocket

クラミジアという細菌は生命力が低く、人間の細胞を離れては生きていくことができません。

それでいて感染力が非常に高いため、クラミジアを持っている人との性行為によって、五割以上の確率で感染するといわれています。

もしクラミジアに自分がなったとしたら、その経路を考えるのは難しいことですが、今後の対策として意識に留めておくのは大事なことです。

時期ははっきりとはわからない

クラミジアは性行為での感染が非常に多いもので、ほぼ100%経路は性行為が原因であるともいえます。
一般的に、性行為以外でのクラミジアへの感染はないと言われているほどです。
性行為の際に、避妊具を着用していない場合に感染が起こってしまう場合があります。
クラミジアの感染力は非常に高いので、性器の結合によって感染する可能性は非常に高いといえるでしょう。

感染した時期を知るのは難しい

クラミジアについては、自分がいつ感染したのかをはっきりと知ることは難しいといわれています。
その理由の一つに、クラミジアの潜伏期間があります。
基本的には、数週間で症状が出ることが多いので、その数週間前の性行為が原因であると考えるのが一般的です。
しかし、クラミジアになったとしても自覚症状がない場合が多いので、はっきりと自分がクラミジアであると自覚してからだと、かなり時間が経っていることもあります。
特に女性の場合には、自分がクラミジアであると自覚できないほどに症状が出ないことがあります。
もしかしたら、それが数年前に感染したもので、そのまま体の中に残っていたものかもしれませn

喉へのクラミジア

クラミジアは性器の粘膜に接触することによって感染しますが、その経路は性器だけではありません。
実は喉の粘膜に接触することでも、クラミジアに感染する可能性があります。
喉へ感染する経路としては、オーラルセックスが原因のほとんどです。
特に、男性の尿道から女性の喉へと感染をすることが多いといわれています。
性風俗店で働く女性の場合には、オーラルセックスを行う回数が多いので、この喉へのクラミジアに感染している可能性が高いといえます。
そして、その女性がオーラルセックスで別の男性にクラミジアを移すことも考えられます。

クラミジアの感染経路を特定するのは難しいことなので、とにかく自分が病気であることがわかったら、クラビットを使って治療を行いましょう。

Bookmark this on Yahoo Bookmark
Share on GREE
Pocket