抗生物質で菌の増殖を遮断する

Bookmark this on Yahoo Bookmark
Share on GREE
Pocket

クラビットのジェネリック医薬品には、レボフロックスなどの薬があります。

クラビットは、クラミジアや淋病といった性病に対して使われる、抗生物質のことです。

こういった抗生物質を投与することによって、クラミジアなどは比較的早期に完治することができるとされています。

本来の効用

この薬は、クラミジアなどの性感染症に使われることのほか、気管支炎や肺炎などにも治療として用いられることがあります。
その名称の由来は、渇望するという意味の「Crave it」から来ているようです。

それだけ、待ち望まれて登場した薬であるということがいえるでしょう。

クラミジアなどの性感染症は、原因となる細菌によって引き起こされ、さらにその最近は、自分のDNAを複製することによって増殖していきます。
そして、この抗生物質はその増殖を途中で遮断するという作用を持っているのです。

ジェネリックをどのように入手するか

ジェネリックを入手するためには、個人輸入という方法が一番簡単でしょう。
個人輸入といっても、インターネットを使って簡単に行うことができるので、そこまで難しい手順は必要がありません。
個人で使用をするために海外から輸入する場合には、地方厚生局に届け出をして、営利目的の輸入ではないことを証明する必要があります。
それさえ終えれば、あとは個人輸入によって医薬品を手に入れることができます。

利用は個人の責任です

当然、医師の診断ではなく自分の判断で医薬品を使うので、その結果はすべて自己責任ということになります。
ただジェネリックの場合は、比較的安価で入手することができるので、どちらを取るかという選択になるでしょう。
あくまで輸入できるのは自分が自分自身で使用する分に限られるので、他の人のために薬を輸入するというようなことはできません。
そのあたりも含めて、医薬品の個人輸入はすべて自己責任のもと行われることを覚えておきましょう。
さらに、インターネットには偽物が出回っていることも多く、それをはっきりと見極める必要があります。
ただ安いというだけの理由で飛びついてしまうと、あとから痛い目を見ることになるかもしれません。
事前にしっかりと調査をして、失敗のないようにジェネリックを入手しましょう。

ジェネリックか医師の診断

ジェネリックの個人輸入は、医師を通さず自分で診断をすることになりますので、すべて自己責任ということを覚えておきましょう。

Bookmark this on Yahoo Bookmark
Share on GREE
Pocket