日本で一番多い性病はこれだ!

Bookmark this on Yahoo Bookmark
Share on GREE
Pocket

性病には様々な種類がありますが、その中でも特に日本で一番多い性病をご存知でしょうか。

それが、実はこのクラミジアという病気なのです。

クラミジアの中にも種類があり、性器に症状があらわれる性器クラミジアと、喉に感染し症状が現れるタイプの咽頭クラミジアに分かれてきます。

なぜ日本で最も多いのか

クラミジアという病気は、本来であれば一度完治さえすれば、それから再発をすることはないといわれています。
そのため、すべての人が早期に発見して治療を行えば、そこから広まっていくことはないということがいえます。
それなのに日本でも最も多い性病になってしまっていることの原因としては、本人が罹患していることに気づいていないケースが多いからといえるでしょう。
男性も女性も、自分がクラミジアに感染しているという自覚症状がほとんどないため、そのままパートナーに対して病気を移してしまうという結果になり、日本でも爆発的に広まっているといえます。

クラミジアとの付き合い方

クラミジアだということが発覚したら、クラビットなどの治療薬を使って治療を進めていくのが一番です。
ポイントは、どのようにして自分がその病気であるかということに気づけるかというところにあります。
発症をしたとしても、自分がクラミジアだと判断することは非常に難しいものですし、とにかく病院の診察を受けるということが一番ですね。
自分が病気であるのかどうかわからない不安定な状態を続けるよりも、病院ではっきりと診断をしてもらってから、その後の行動を考えるようにしましょう。

男性の主な症状

男性がクラミジアに感染した場合、排尿時に痛みを感じるようになったり、性器に不快感を覚えるようになったりします。
しかし、これは一例であり、ほとんど症状が出ないというようあんこともあります。
ですが、クラミジアを放置してしまっていると、前立腺炎や血精液症といった症状につながってしまう可能性もあるので、早期に発見してクラビットなどの治療薬を使った治療が必要になります。

女性の主な症状

女性の場合も、クラミジアを発症しても自覚症状が起こることはほとんどありません。
しかし、症状としては性器クラミジアの場合は、おりものが増えたり、不正出血が重なったりということが起こります。
こちらもそのまま放置を続けてしまうと、卵管炎などの重い症状につながってしまう可能性があります。

早期発見こそ改善の一歩

症状を重たくしないためにも、病院で診察を受けて早期発見が一番の対策です。

Bookmark this on Yahoo Bookmark
Share on GREE
Pocket